クマゼミの羽が持つ抗菌作用、関西大学はこの物理構造の量産を模索していた

https://techwave.jp/archives/kansai-univ-is-seeking-mass-production-of-antibacterial-function.html

「クマゼミの羽には抗菌作用がある」。関西大学システム理工学部  伊藤健教授らのグループによってこの構造が突き止められたことがNHKの2018年8月28日の報道で報じられました。物理構造が抗菌作用をもたらすことで、さまざまな分野での応用が考えられる画期的な研究成果でした。

報道によると、クマゼミには「羽の表面に直径5000分の1ミリ以下の極めて細かい突起が規則正しく並んでいる」とのことで、ここに大腸菌が含まれた液体を付着させると「菌は10分から20分ほどで細胞膜が壊れて死んでしまった」というのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA